メリット

塩ビシート防水は、新築建設中から改修工事まで、あらゆるシーンに対応可能!

【メリット1】 手抜きが発生しにくい

塩ビシート防水の一つ目のメリットは、手抜きが発生しにくいため安心してお任せいただけるということ。
完成直後は下地の状態が見えなくなってしまうことから、手抜きによるトラブルを引き起こす可能性が高い防水工事は、時間が経過しないと良し悪しの区別がつかない施工でもあります。

とくに塗膜防水で代表的なウレタン防水は、防水専門の業者でなくても扱える分、初期費用は安いものの下地処理が不十分になりがち。
加えて、トップコート塗り替えなどの定期的なメンテナンスが必要なために、トータルコストを下げるにはシート防水が最適といえます。

特別な下地処理を必要としない塩ビシート防水は、シートを貼ることで防水効果を発揮できるため、目に見えない部分がとても少ない工法。
手抜き工事の心配もなく、末長く安心が続きます。

 

【メリット2】 廃材撤去不要で低価格・エコ

二つ目のメリットは、下地の状態を問わないこと。
旧防水材はそのままに、上からかぶせて施工できる工法もあるため、撤去する必要はありません。
工期短縮&廃材費用カットを同時に叶えることができるのです。

 

【メリット3】 機械式固定法なら乾燥期間なしで短工期

三つ目のメリットは、乾燥期間がなく短工期であること。
液状のものを使用する塗膜防水は乾燥期間が必要なため、冬場などの気温が低い時には2日間ほど乾かないことも。
塩ビシート防水はシートを貼る工法なので、乾燥期間は不要◎短期間での完工が実現します。

とくに在宅が必要な場合が多い改修工事やメンテナンス時には、短工期であることが大きなメリットに。
高耐久で10年以上持つため、初期費用は高くなりますが、メンテナンスなどの費用のことを考えた場合、トータル的にお得かもしれません。

一覧ページに戻る