施工方法

施工方法は主に『接着工法』と『機械式固定法(塩ビシート絶縁工法)』

■ 密着工法

下地に接着剤を塗布し、塩化ビニル防水シートを直接貼り付けていく工法です。
隙間や剥がれが起きにくいよう、シート全面と下地がぴったりと接着させるため、耐風圧性に優れています。

条件は、下地が十分に乾燥していること。
施工後は歩行できるほどの強度はありますが、通気性がないため、下地の影響により接着剤のトラブルが発生することもあります。

水分が残った状態だと、後で、「膨れ」「剥がれ」「浮き」などが起きやすくなるため、下地の状態には十分配慮しなくてはなりません。
旧防水材の状態によっては、密着工法を採用できないケースもあります。


 

■ 機械式固定法(塩ビシート絶縁工法)

専用の固定ディスクで、防水シートと下地を固定する工法。
下地の影響を受けにくいため、改修工事にはおすすめ。下地処理が最低限で済み、工期短縮をはかる事ができます。

また、下地とシートの間に空気の層をいれる絶縁工法は、屋上防水施工後に発生しがちな「膨れ(ふくれ)」の心配もありません。
陸屋根(フラット屋根)タイプの屋上やルーフバルコニー・マンションやビルの屋上のメンテナンス時には、最適の工法と言えるでしょう。

一覧ページに戻る